ムードもりあげ楽団 - Rockin' Movie Stars !
 

  • Twitterでつぶやく
  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
LA LA LAND
内容(公式ページより)
夢追い人の街L.A.(ロサンゼルス)、売れないジャズピアニスト:セブと女優志望:ミアの恋の行方は─?
再び映画史を変える、予想だにしない大仕掛けが、観るもの全てを〈ラ・ラ・ランド〉へと誘う。



予告で見かけてから、カラフルな雰囲気に楽しそうなミュージカル、と言うツボを刺激される内容に、あのセッションの監督と言うことも重なって、ずっと観たいと思ってた作品でした。

その反面、公開が近づくにつれ「アカデミー賞最有力!」と話題となり、そしてそのアカデミー賞は結局取れなかったのに間違えられると言うハプニングで、また逆に話題となったりと、ちょっと萎えてた所もありましたが、まぁ周りは気にぜず最初の気持ちは大事にしようと、観に行きました。
ただあまりにも混みすぎていて、前日なのに前しか空いてなかったのには、改めて萎えて観るのを諦めかけましたが、やはりここは見たい衝動を抑えきれずに勢いで。

感想は、二列目って記憶にある限り初めてでしたが、まぁなんとか見れるレベルかなと言うところではあった訳ですけれども、やっぱり首が痛い!w(こりゃ一列目は無理だ)


話が反れましたが、内容は古典的なミュージカルを現代的に観ているような感覚。なんとなく『ロシュフォールの恋人たち』っぽいかなと思いましたが、やはり影響を受けているようです。
色んな作品の良いところ取りっぽい感じもしますが、それだけではない観せ方も実に巧みで、むしろ逆にそれが少し鼻にレベル。笑(何となくこの感じはちょっとだけ『バードマン』を思い出しました。)

関連記事
【映画:レビュー】バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 【ネタバレ・考察も】



そうは思いつつもしっかりと魅了され、これは楽しい!と名作の香りを感じながら観ていました。




前半までは。



総合的には楽しめましたし、映画館で観て良かったと言える作品でしたが、個人的には期待していた物と違ったところが残念、と言うところです。


ちょっとネタバレ的な

以下↓↓の方にネタバレ内容です。クリックすると間を縮められます。(要JavaScript ON)
続きを読む

 


LA LA LAND
これは好みの話かもしれませんが、後半の盛り上がりが無かったのがただただ残念。
古典的な感じ、と書きましたが、あらすじだけを追えば「男女二人が運命的な出会いを果たし、惹かれ合い、しかし綻びかけるもまた結ばれる(ただしラストを除く)」と言うベタなもの。
でもそこは別に良いのです。なぜ二人が惹かれ合うのか、とかも細かいことは良いんです。それをいかに歌と踊りで盛り上げるかを期待していたので。。

後半の綻びかけるところで若干沈み、既に楽しい歌パートが無くなって来ていますが、ラストの盛り上がりのために溜めているに違いない、と。

事が上手くいき始めて結ばれかけてから、話は「5年後」に飛ぶと、まさかの二人が結ばれていない ハッピーエンドでは無さそうな展開 にさらに尻すぼみに。



と、思わせといて、最初の出会いのシーンに繋がる、フィナーレ的なミュージカルシーン。


回想? 夢オチ? パラレルワールド? 何か最後の最後でトリックを仕掛けてきたのか?


一瞬だけあの悪名高い『ファニーゲーム』を思い出しながら、最後の最後で「やられた~」と言いたい期待が高まります。





「そのまま終わるんかーい」




古典的な展開のアンチテーゼなのかとも思わせる、ある意味現代的とも言える終わり方。(もしかしたら、こう言うのも古典的なのかな、、素人が的はずれなこと言っていたらすいません。。)

如何せん、深く考えなくて良いつもりだったのに、深く考えさせられてしまうような終わりと、どうもすんなり受け入れられなかったのは後半からどう言うルートを辿っても二人が結ばれるルートは無かったのでは、、と言うところ。

やっぱり前半のシーンが良かっただけに、個人的にはベタベタで良いのでハッピーエンドを作中一番のミュージカルで盛り上げて欲しかったなぁと言うのが正直なところでした。


思い返せば、実はハイライトって予告などで印象的な、あのハイウェイでのミュージカルシーンだったのかなーと。

しかもあれ、オープニングなんですよね。笑

 

コメント   コメントを書く